各種保険取扱い・交通事故・労災
葛飾区・青砥駅から徒歩5分!平日21時まで・土日祝日も営業!

青砥駅徒歩5分 トップアスリートも通う整骨院・整体院

instagram
LINE
GoogleMAP
Google口コミ
ブログ&コラム

あなたの骨盤はどのタイプ?~フラットバック~

こんにちは!
Style Lab整骨院・整体院の大久保です!

今回は、前回の続き『姿勢の種類』についてご紹介します!

最も一般的な姿勢の分類として世界的に普及している
【ケンダルの分類】を使って説明していきます。

必ずこの姿勢の種類に当てはまるものではないですが、
自分がどのタイプの姿勢に属しているかで、
おおよそ硬い筋肉、弱化している筋肉などを予測できます。

本日もその中の1つ『フラットバック』(脊柱平坦型)を紹介します。

◆フラットバック(脊柱平坦型)とは

フラットバックは、一見良い姿勢にも見えてしまう不良姿勢。
背筋はピンと伸びており「平背姿勢」と呼ばれ、腰が反らず丸まっていて「丸腰」の姿勢になっているのが特徴です。
正常なアライメントは緩やかなS字を描きますから、
極端に言えばC字を描くようなシルエットになるロードシスは、不良姿勢の一つに数えられます。

一見背筋が伸びて見えることも多く、素人目では正常なアライメントとの区別がつきづらい姿勢でもあります。
しかし脊椎が平坦化してクッション作用が少なくなっており、動作時の体幹下部への負担が大きくなりやすく、
結果的に椎間板ヘルニアに繋がりやすいなどの懸念がある姿勢です。

◆フラットバック姿勢の筋肉への影響

カイホロードシスは、その他の姿勢と比べて弱りやすい筋肉、硬くなりやすい筋肉が多くなります。
それぞれ一覧にしてご紹介します。

◆フラットバック姿勢で伸長(弱化)しやすい筋

□前方腹筋
□ハムストリングス

◆フラットバック姿勢で短縮(過緊張)しやすい筋肉

□腸腰筋
□脊柱起立筋
□股関節屈筋群(単関節筋)

フラットバックは、お腹と太ももの裏側が緊張しやすい姿勢です。
腹圧をいれて立っているため、一見背筋が伸びた良い姿勢にも見えることがあります。
一方でフラットバック姿勢では、背中側の筋肉と腰回りの筋肉が弱化・伸長しやすくなります

◆まとめ

フラットバックは、素人目には良い姿勢に見えることもある不良姿勢です。
背中のS字カーブが弱く、結果的に腰への負担が大きくなる可能性があります。

次回は残り1つをご紹介していきます。
楽しみにしていてください!

こんな方にオススメ「頭痛」「肩こり」「腰痛」「四十肩・五十肩」「ギックリ腰」「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」など

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Style Lab整骨院・整体院
東京都葛飾区青戸3-23-10
オークレスト青砥 1階
(最寄駅:青砥駅から徒歩5分)
TEL 03-6662-7203 不定休

営業時間
日祝
9:00~21:00
17:00
まで
17:00
まで
最終受付時間
20:00
20:00
20:00
20:00
20:00
16:00
16:00

関連記事

  1. 「肩インピンジメント症候群」とは?

  2. ドケルバン病(手首の腱鞘炎)とは??

  3. スポーツによる障害 『シンスプリント』とは??

PAGE TOP