各種保険取扱い・交通事故・労災
葛飾区・青砥駅から徒歩5分!平日21時まで・土日祝日も営業!

青砥駅徒歩5分 トップアスリートも通う整骨院・整体院

instagram
LINE
GoogleMAP
Google口コミ
全て

筋肉の損傷?『肉離れ』とは? その1

筋肉の損傷?『肉離れ』とは?

こんにちは!
Style Lab整骨院・整体院の大久保です!

本日は「肉離れ」について、2回に分けてお話しさせていただきます!

●肉離れとは

肉離れは、自らの筋力や介達外力によって、筋が過伸展、伸張性収縮され損傷する外傷です。
伸びながら縮もうとすることによって裂けてしまうイメージです。
多くは、筋腱移行部に損傷が起こり、ハムストリングスが好発部位です。
まれに、瞬間的な強い外力によって過伸展し、筋腱付着部が損傷することもあります。
例えば格闘技では、転倒した際に膝を伸ばした状態で股関節が屈曲させられ、ハムストリングス付着部に損傷が発生することがあります。
肉離れは、筋腱複合体の損傷を広く含み、軽度から重度まで様々なグレードがあります。

●肉離れの原因

陸上競技、サッカー、バスケ、テニス、ラグビーなどで急に加速したり、急な方向転換を行うときに受傷しやすくなります。
競技前のストレッチが不十分であったり、長時間休憩をとらずに負荷を加え続けていると疲労が蓄積して発症しやすくなります。
また冬場は筋肉が冷えて硬くなり、肉離れを起こしやすくなります。加齢や、以前の肉離れの既往もリスクとなります。

●肉離れの症状と起こりやすい筋肉

肉離れが起こる場所としては、80%以上が大腿の後面、特にハムストリングスが多いです。
大腿直筋や腓腹筋・ヒラメ筋、内転筋など他の部位にも見られます。
ハムストリングス内で最も影響を受けやすいのは大腿二頭筋長頭で、約60%を占め、次いで半膜様筋が続きます。
他には大腿四頭筋、下腿三頭筋(ふくらはぎ)に生じます。
アキレス腱断裂は肉離れではありませんが、同じような受傷機転で生じます。

●肉離れの検査

問診で、発症時の状況や自覚症状を聴取します。
診察所見では、受傷部の圧痛の範囲や最も痛みが強い部位を調べます。
筋の起始部や停止部には特に注意が必要です。

読んで頂きありがとうございます!
本日はここまで!
また次回続きをお話しさせていただきます!

目指すのは身体の痛みや不調からの”卒業” 表面的な痛みを取り除くだけではなく、その痛みを引き起こす原因となる箇所を特定しアプローチしていきます!マンツーマンの施術で不調からの卒業に向けて寄り添います!

こんな方にオススメ「頭痛」「肩こり」「腰痛」「四十肩・五十肩」「ギックリ腰」「骨盤矯正」「猫背矯正」など皆様のカラダのお悩みを解決します。

前の記事

次の記事

いますぐ予約

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

[sc_基本情報]

関連記事

  1. 筋肉の損傷?『肉離れ』とは? その2

  2. 筋肉の損傷?『肉離れ』とは? その1

  3. 子供の骨に痛みがでる疾患?「有痛性外形骨」とは??

PAGE TOP