各種保険取扱い・交通事故・労災
葛飾区・青砥駅から徒歩5分!平日21時まで・土日祝日も営業!

青砥駅徒歩5分 トップアスリートも通う整骨院・整体院

instagram
LINE
GoogleMAP
Google口コミ
全て

『頚椎椎間板ヘルニア』とは?

『頚椎椎間板ヘルニア』とは?

こんにちは!
Style Lab整骨院・整体院の大久保です!

本日は「頚椎椎間板ヘルニア」について、お話しさせていただきます!

●頚椎椎間板ヘルニアとは

頚椎間板ヘルニアとは、椎間板の内部のクッション組織が内部を包む袋である線維輪をやぶって外に漏れ、脊髄や神経根を圧迫し、手のしびれや筋力低下などの神経症状を引き起こす疾患です。
40~60歳代の男性に多く、比較的急性の発症と進行が特徴的です。

●頚椎椎間板ヘルニアの原因

頚椎椎間板ヘルニアの原因は不明な点も多いですが、いくつかのリスク因子が提唱されています。
1.加齢:
椎間板が加齢とともに摩耗し、ヘルニアのリスクが増加します。
椎間板が破れやすくなり、その中身の髄核が外に飛び出るリスクが高まります。

2.椎間板への急激なストレス:
自動車事故やスポーツ中の衝撃など、急激な力が首に加わると椎間板に強い衝撃が加わり、中身が飛び出します。

3.椎間板への持続的なストレス:
長時間にわたる過度な姿勢(例えば、長時間のデスクワークやスマートフォンの使用)、重いものを持つ作業、反復的な動作などは、首に持続的なストレスとなり、それがヘルニアを起こすことがあります。

4.遺伝的な要因:
発症には生活習慣のみならず遺伝的な要因が関与している可能性もありますが、不明な部分も多いようです。

5.生活習慣::
喫煙や肥満はリスクを高めます
喫煙は体の組織の健康に悪影響を及ぼし、肥満は、首や背中に過剰なストレスを変えてしまいます。
※スマホを見続ける姿勢では、椎間板に持続的なストレスがかかっています。ヘルニアの発症の原因の一つです。

 

●頚椎椎間板ヘルニアの症状

(頚部局所症状)
頚部、肩甲骨周囲、肩関節に痛みが起こり、運動範囲に制限が認められます。
(神経根症状)
一般的には片側の上肢に放散する痺れを伴う痛みがあり、徐々に障害が起きた神経根のレベルに合致した痺れ、知覚障害、筋萎縮、筋力低下が発生します。
頚椎を横に曲げたり後屈させると、症状が再現されるか、悪化することがあります。
(脊髄症状)
上肢、体幹、下肢の痺れ、知覚障害、手指の巧緻運動の障害(細かい動作がしにくい、ボタンがかけにくいなど)が現れ、症状が進行すると歩行障害や膀胱直腸障害(尿や便が出にくい)を引き起こすことがあります。

●頚椎椎間板ヘルニアと鑑別すべき疾患

以下のような疾患があげられます。
・頚椎症、頚部脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症、脊髄腫瘍などの他の頚椎周辺の疾患
・絞扼性神経障害:手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群など
・帯状疱疹による末梢神経障害
・Pancoast腫瘍(肺尖部の悪性腫瘍)によ末梢神経障害
・糖尿病性末しょう神経障害
・運動ニューロン疾患(比較的稀)

●頚椎椎間板ヘルニアの診察所見

1.神経根症状
SpurlingテストやJacksonテストなどの誘発テストが陽性、圧迫されている神経根に一致した深部腱反射の減弱、筋力の低下、分節的な知覚障害が見られます。

2.脊髄症状
中枢神経そのものが圧迫される脊髄症の場合、圧迫される脊髄の髄節は神経根に比べて約1髄節低い位置にあります。
灰白質障害による髄節徴候として、障害髄節の深部反射の減弱、筋力の低下、しびれや知覚鈍麻が見られます。
また、白質障害による索路徴候として、Hoffmann徴候、下肢腱反射亢進、知覚障害、膀胱直腸障害(尿や便が出しにくい)などがみられます。
尿が出にくくなる膀胱直腸障害は緊急手術を考えなければならない症状です!!

●頚椎椎間板ヘルニアの画像検査

1.単純X線
ヘルニアそのものはX線検査ではうつりません。
障害が生じている椎間において、椎間腔の狭小化が見られることがあり、診断の助けになります。
また変形性頚椎症など他の疾患の診断のため、基本となる検査です。
2.MRI
脊柱管内に膨出した椎間板や遊離した椎間板組織と、それによる脊髄や神経根の圧迫が観察されます。
膨出した椎間板ヘルニアと頚椎症によるものとの鑑別が重要となります。
神経根症の横断像では、脊柱管外側や椎間隙に異常が見られます。
椎間板が突出していても必ずしも診断がヘルニアになるわけではないことには注意が必要です。
症状のない人でもMRIで椎間板の突出が認められることはよくあります。

●頚椎椎間板ヘルニアの治療

神経根症の予後は比較的良好で、保存療法が主な治療方針です。
神経根の症状はおおむね発症から4か月の間で改善しやすいことが知られています。
頚椎カラーに夜頚部外固定も有効ですが、長期的に使用すると頚部周囲の筋萎縮を招くので、漫然とした長期使用は勧められません。
当院では、最新の物理療法機器を取り揃えており、痛みや痺れに対して特化し施術を行います。

「頚椎椎間板ヘルニア」とは?について以上となります!
読んで頂きありがとうございます!
これからも色々情報を発信させていただきます!

目指すのは身体の痛みや不調からの”卒業” 表面的な痛みを取り除くだけではなく、その痛みを引き起こす原因となる箇所を特定しアプローチしていきます!マンツーマンの施術で不調からの卒業に向けて寄り添います!

こんな方にオススメ「頭痛」「肩こり」「腰痛」「四十肩・五十肩」「ギックリ腰」「骨盤矯正」「猫背矯正」など皆様のカラダのお悩みを解決します。

前の記事

次の記事

いますぐ予約

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Style Lab整骨院・整体院
東京都葛飾区青戸3-23-10
オークレスト青砥 1階
(最寄駅:青砥駅から徒歩5分)
TEL 03-6662-7203 不定休

営業時間
日祝
9:00~21:00
17:00
まで
17:00
まで
最終受付時間
20:00
20:00
20:00
20:00
20:00
16:00
16:00

関連記事

  1. 筋肉の損傷?『肉離れ』とは? その2

  2. 筋肉の損傷?『肉離れ』とは? その1

  3. 子供の骨に痛みがでる疾患?「有痛性外形骨」とは??

PAGE TOP